東洋平成ポリマー

品質方針・環境方針Quality policy & Environmental policy

品質方針Quality policy

当社はお客様第一主義を徹底し、次のような製品を提供し続けます。

  1. お客様の要望・用途または目的に適合していて、お客様の期待を満足させ、 永続的に信頼されるものであること。
  2. 適用する規格及び仕様書に合致していること。
  3. 社会の要求事項と環境についての要求を反映していて調和的であること。
  4. 経済的に供給でき競争力があること。

この実現のためQMSを確立し、組織の全員が理解し、実施し、維持するとともに継続的にシステム改善を行い、効果的な運用を確実にします。

環境方針Environmental policy

東洋平成ポリマーは、高知市、かすみがうら市、いわき市に工場を立地し、産業用あるいは民生用のフィルムおよびクロス製品の製造および販売をしている。私たちはこれらの事業を通じ、自然環境との調和、地域社会との協調・共生を図りつつ以下のことを進める。

  1. 当社の事業活動により環境に与える影響を調査・評価し、環境負荷の低減を図るとともに環境汚染を防止する。
  2. 環境保全活動には、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減および再資源化などを含め、その実施については目的、および目標を定め、環境保全活動の継続的な改善を図る。
  3. 環境に関連する法規制、および条例、地域社会との協定、その他、合意事項について遵守する。また環境保全に対して当社の自主的な管理基準を定め実行する。
  4. この方針および環境マネジメントシステムは全従業員に対し周知し、協力会社へも周知し協力を求める。
  5. 環境方針は社外にも公表し、求められた場合 誰でも入手できるようにする。

iso

2018年6月18日
東洋平成ポリマー株式会社
代表取締役社長 萩原邦章

expand_less